« 猫の虐待犯逮捕へ。 | トップページ | 猫の撮り方(初級・その2) »

2007年1月17日 (水)

猫の撮り方(初級・その1)

私も一応プロのカメラマンの端くれではありますが、
うちの猫の写真をブログでUPするようになってから
猫写真を本格的に撮り始めているので、
まだ5ヶ月足らずなのですが、
その間に気付いた事、私なりの撮るコツなんかを
書いてみたいと思います。
(もしかするとブログを更新する度に言ってることが
違ってくるかもしれませんが、それはご愛嬌ということで・・・^^;)

さて、本日は「初級・その1」です。
(いえ私自身まだ初級だということは十分認識しております^^;)

まずは私の使っているカメラの事を少々。
ブログ用の写真は主にデジタルカメラです。
086





それもレンズ一体型のFUJIFILM FinePix S9000。
(プロだからといっても一眼レフを使っているわけではありません。)
カメラとしてのメリット・デメリットは置いておいて、
(後日『ファインダーの中へ』で取り上げておきます。)
これから先「撮り方」として書く内容はお持ちのカメラによっては
参考にならない場合もあるかもしれませんので、ご了承下さい。

では本題に戻りまして、「初級・その1」ですが
それは「カメラを出しておく事」です。

えっ、なになに? 簡単じゃないかって?
はい、簡単です。

別にプロが「撮り方」を書くからといって
難しい事を書くわけじゃないんです。
ただ、この簡単なことがペットの写真を撮る際には
非常に重要なんです。
ペット写真は「タイミングが命」なんです。
何気なくペットを見た時に「写真に撮っておこう」
と思うシーンに遭遇します。
それからカメラを探して、出して来たのではもう遅いんです。
なので、常にカメラは出しっぱなし。
ちなみに私の場合、ほとんど撮影モードを「AUTO(オート)」か
「P(プログラム)」で置いています。
これも理由は同じく「すぐに撮れるように」。

さて本日はこの辺で。
(ご質問等ございましたら、気軽にメールやコメントして下さい。
私に答えられる範囲で出来る限りお答えいたします。)


全ての写真の著作権は、T.MORIYAにあります。
写真および文章の使用、引用は必ずお問い合わせお願いします。

photo_life@mail.goo.ne.jp

こちらも是非『猫的生活幸福論』『ファインダーの中へ』
お楽しみ下さい。


« 猫の虐待犯逮捕へ。 | トップページ | 猫の撮り方(初級・その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199998/4965550

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の撮り方(初級・その1):

« 猫の虐待犯逮捕へ。 | トップページ | 猫の撮り方(初級・その2) »