« MORIYAは考えてるはず(BlogPet) | トップページ | きのうこみみが(BlogPet) »

2007年4月17日 (火)

猫の撮り方(上級・その1)

さてさて皆様、大変長らくお待たせいたしました。
「猫の撮り方」のお時間です。
本日からは「上級」となるわけでして、
今まで書いてきた「初級」「中級」『出来ている』
という前提で進めさせて頂きますのでご了承下さい。

では本日のお題は「動きを出す」です。

動きを出すと言っても写真の中の被写体は動きませんので、
被写体の動きがわかる写真を撮る事、
つまり「被写体=猫さん」が動いて
被写体ブレを起こしている状態を写真にする事なんです。

ただし、ここで注意しないとならない事が一つ。
手ブレはしない事。
なので撮影モードをシャッタースピード優先か
マニュアルで、自分が手ブレを起こさない
シャッタースピードを知っておくことが必要です。
(私の場合は目安として、広角なら「1/30」まで、
望遠なら「1/焦点距離」から1~2段分くらいまで。)


実際に写真で見るとこんな感じで動きを出します。
Photo_4





右手は動いてるので
被写体ブレを起こしてますね。


シャッタースピードが速すぎると、
猫さんの動きが止まって写るので動きが出ませんし、
逆に遅すぎると手ブレしたり、
動きが捉えきれなかったりします。

「どういった動きの時には、どれくらいで撮れば良いのか?」
と疑問をお持ちの方もいるでしょうが、
猫さんの個体差や撮る人の個性もありますので
ご自分で経験を重ねながら、体で覚えていくのが良いでしょう。



さて本日はこの辺で。
(ご質問等ございましたら、気軽にメールやコメントして下さい。
私に答えられる範囲で出来る限りお答えいたします。)


全ての写真の著作権は、T.MORIYAにあります。
写真および文章の使用、引用は必ずお問い合わせお願いします。

photo_life@mail.goo.ne.jp

こちらも是非『猫的生活幸福論』『ファインダーの中へ』
お楽しみ下さい。

↓押して頂けると励みになりますm(_ _)m

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓登録してます^^

猫好きが集まるSNS NijiiroCat


« MORIYAは考えてるはず(BlogPet) | トップページ | きのうこみみが(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199998/6121842

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の撮り方(上級・その1):

« MORIYAは考えてるはず(BlogPet) | トップページ | きのうこみみが(BlogPet) »