« 突然の別れ | トップページ | こみみがT(BlogPet) »

2007年5月22日 (火)

猫の撮り方(上級・その4)

大変お待たせ致しましたが、
本日は「猫の撮り方(上級)」の最終回
そしてコラム形式で書いてきた
「猫の撮り方」自体もこの回で最後となります。

そこで今回のお題は最終回に相応しく(?)、
カメラマンらしく(?)、
「写真のバランスを考える」
というお題で締めたいと思います。

さて、この「写真のバランス」とは何かということですが、
これは「ネコ(被写体)」「背景」のバランスです。

多分、みなさんには「構図」と書いた方が
ピンとくるかもしれませんが、
「構図」と聞くとどうも絵画のニュアンスに思えてしまう
私は写真の際は「バランス」という言葉の方がしっくりときます。


と、少々脱線しましたが、実際に写真で説明しましょう。

まずはこれ。
917






なんの変哲もなく、見付けたままに
ネコにピントを合わせ、
シャッターを押しただけの写真です。

ちょっとネコの位置を意識して、
918






少しはカメラマンらしい写真になってますが、
右の黄色い花は中途半端に入ってるし、
右上の鉢植えも中途半端に切れていて
どうにもバランスが悪いし、
ネコの振り向き方も普通。

で、背景を整理し、ネコの気を反対方向に引いて
919






こんな感じ。
これなら雑誌の見開きなんかでも
悪くはない。(自画自賛しすぎ)


ただ、相手はネコさん。
じっと待っててくれるわけではないので、
始めは、1枚目のように余計な事を考えずに
シャッターを押しちゃって下さい。
で、余裕があれば仕上がりを意識して
バランスを考える。
というのが良いと思います。

「ちょっと難しいなぁ」と思われる方は
一度自分の好きな写真(雑誌などでO.K.)を
真似てみるのも良いと思います。
(そればっかりになってしまうと困りますが・・・)








~最終回にあたって~

まずはこんな拙い文章に
計12回(初級・中級・上級、各4回ずつ)
もお付き合い頂き、ありがとうございました


ただ、私の書いてきた物は、
「こういう手法(考え方)がある」という一例の紹介で
「正解」ではありません。

また、写真にはいくつかセオリーというものも存在しますが、
それが「正解」というわけでもないと思います。
撮る側も観る側も10人いれば10人、
100人いれば100人の「撮り方」、「感じ方」があります。

「手法」に捕われ過ぎず、
自分の表現したい物を大切にして下さい。
みなさんの写真には、それぞれの「良い所」が
いっぱい入っているはずですから。


「写真」は楽しむ物。
ネコ写真以外でも失敗を怖れずに。

‘feel so happy’

では、本日はこの辺で。
(ご質問等ございましたら、気軽にメールやコメントして下さい。
私に答えられる範囲で出来る限りお答えいたします。)

全ての写真の著作権は、T.MORIYAにあります。
写真および文章の使用、引用は必ずお問い合わせお願いします。

photo_life@mail.goo.ne.jp

こちらも是非『猫的生活幸福論』『ファインダーの中へ』
お楽しみ下さい。

↓押して頂けると励みになりますm(_ _)m

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓登録してます^^

猫好きが集まるSNS NijiiroCat


« 突然の別れ | トップページ | こみみがT(BlogPet) »

コメント

はじめまして。ネコジルシで猫の写真の撮り方の連載をずっと見させて頂きました。
すごい参考になりました!ありがとうございます。
へたっぴながら私も猫ブログをやっているのですが写真の撮り方で一つ質問してもよいですか?
私の使ってるデジカメはごくフツーの物なのですが写真を撮る時にオートとマニュアル、どちらで撮った方がよいでしょうか?
いろいろ試してはいるのですがイマイチ理解できず(汗)だいたいオートで撮ってます。
質問の仕方、悪いですね(笑)

投稿: hanako | 2007年5月24日 (木) 12時24分

>hanakoさん
はじめまして^^

オートとマニュアルのどちらで撮ったら?
との事ですが、
私の場合、猫を撮る時は「撮りたい」
と思った時にすぐに撮れるように、
基本的にはオートか絞り優先で撮ってます。
最近のカメラは性能が良くなったので、
オートで撮ってても、露出をはずす事が
少ないです。

猫写真以外ではマニュアルで撮る事も
少なくないですが、正確な露出で撮るには
「単体露出計」が必要なので
猫を撮る際にはあまりお勧めしません^^;

なので、これまで通りオートで撮るか、
「絞り優先」、「シャッタースピード優先」
で撮るのが良いと思います。
(カメラ機能にない場合はごめんなさい)
両方ともオートの時の露出との
差はありませんが、
全てカメラまかせのオートと違って、
自分で絞りやシャッタースピードを
変えられるので、マニュアルのような感覚
を体感出来ると思います。
(失敗も少ないです)


あまり参考になりそうな
回答ではなく、すみません^^;

投稿: T.MORIYA | 2007年5月24日 (木) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/199998/6510339

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の撮り方(上級・その4):

« 突然の別れ | トップページ | こみみがT(BlogPet) »