« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007年4月28日 (土)

きょう(BlogPet)

きょう、blogしたかった。


*このエントリは、ブログペットの「こみみ」が書きました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

猫の撮り方(上級・その2)

さて本日も「猫の撮り方」です。
本日のお題はというと、「光を考える」です。


写真を撮る上で基本となるのは自然光です。
その自然光は「光の向き」によって
大まかに次の3つに分類されます。
「順光」「逆光」「斜光」
それぞれの「光の向き」に特徴があるので
目的の応じての使い分けが必要となります。

例えば、「順光」は被写体の正面に光が当たるので、
がしっかり出ます。
ただし、陰影が付きにくいので平凡で単調になりやすい一面もある。
(自分の影で被写体を覆ってしまわないようにしましょう。)

「逆光」毛並みが綺麗に、輪郭がはっきりと写ります。
が、一方で被写体そのものが暗く写ってしまったりもします。

「斜光」は陰影によって立体感雰囲気が出ます。
しかし、コントラストが強くなりすぎたり、
陰影が強く出てしまう反面も持ち合わせています。


と、それぞれに長短があるのですが、
短所はあまり気にし過ぎない事。
特徴を捉えていれば長所に変える事もできますし、
短所を目立たなくする方法もあります。



また、光の向きだけではなく、
光の質も写真には関係してきます。
薄曇りだけど明るい昼間の光は「柔らかい光」
晴天時の強い日差しは「硬い光」と言い、

「柔らかい光」全体に光が回っていて影が出にくいが、
コントラストや彩度が弱い。

「硬い光」メリハリを与えてくれる一方、
明暗が出すぎてしまう傾向がある。

特にデジカメの場合は、「柔らかい光」の方が失敗は少ないでしょう。
「硬い光」がダメという事ではありません。)



この他にも写真を撮る上で、
「光」を考えてみると色々を出てきますが、
それはまた別の機会にでもご紹介することにします。



さて今回は「撮り方」らしい事は書いていませんが、
次回は今回の事を踏まえた上で、
光を使う方法を書いていく予定でいますので
今回の事を頭の片隅にでも入れておいて下さい。

では、本日はこの辺で。
(ご質問等ございましたら、気軽にメールやコメントして下さい。
私に答えられる範囲で出来る限りお答えいたします。)

全ての写真の著作権は、T.MORIYAにあります。
写真および文章の使用、引用は必ずお問い合わせお願いします。

photo_life@mail.goo.ne.jp

こちらも是非『猫的生活幸福論』『ファインダーの中へ』
お楽しみ下さい。

↓押して頂けると励みになりますm(_ _)m

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログランキング・にほんブログ村へ 

↓登録してます^^

猫好きが集まるSNS NijiiroCat

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »